B型肝炎とは

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルス(通称HB)の感染が原因で起こる肝炎のことをいます。
もしB型肝炎になってしまうと、肝臓の細胞が壊れてしまうので肝臓自体の働きが悪くなってしまいます。
B型肝炎は、B型肝炎を患っている方の血液や体液を媒介にして感染します。
血液というと入院した時の輸血から感染してしまうように思われがちですが、日本国内では、しっかりとウイルスのチェックが行われている為、輸血による感染はほとんどありません。
また、注射針、注射器の使い回しや、針治療などによって感染する可能性もありましたが、現在では衛生意識が高くなっているので、感染経路としては稀です。

現在、もっとも多いB型肝炎の感染経路は性行為です。
精液、腟液や唾液などの体液中にもウイルスが入り込んできてしまいますので、コンドームを着けない性行為の場合には、感染する可能性があります。
また、ごくまれにですが、キスだけでも感染する可能性があります。
もし結婚相手がB型肝炎だった場合には、ワクチンを受けることで感染を防ぐことができます。
B型急性肝炎に感染すると、発熱、吐き気、嘔吐など、風邪に似た症状が現れます。
その後、茶褐色の尿や白っぽい便が出たり黄疸の症状が現れたりしますが、B型急性肝炎はしっかり治療さえすればほとんどの方が完治する病気ですので、不治の病ではありません。

しかし、B型急性肝炎に感染した1パーセントの方が劇症肝炎と呼ばれる重い状態に進行する場合があり、劇症肝炎になってしまうと半数以上の方が命を落としてしまう怖い病気です。
そこで、このサイトでは、B型肝炎について知っておいてほしい情報を紹介します。
現在、調子が悪くなかったとしても発病する可能性は無いとは言えませんので、しっかり確認しもしもの時に備えてください。


[Special Link]
B型肝炎ウイルスに感染した方へ給付金制度の案内をしているサイトです → B型肝炎 給付金

Copyright © 2014 B型肝炎の予防法 All Rights Reserved.